スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日も

2009年07月30日 23:48

自宅から書かせて頂いてるアルバイトのウエキです。
今日は何も無い休日でしたので、ぐるナビさんのページを更新してみました。

チマチマと画像を作ったりしている中で不足してるモノがわかったりして、
やりたいレベルまで更新ができませんでしたが、
以前よりは見やすく、店の雰囲気を伝わりやすくなったかなぁ、と思います。

暫くはチマチマ更新しようと思っております。

8月は何か企画を立てて、お客様をお迎えするので楽しみにしていただけたら幸いです。
とりあえず、底辺の私はやれる事はやっとこう精神で夏を乗り切りたい所存です。
スポンサーサイト

チマチマと

2009年07月29日 02:04

アルバイトのウエキが自宅から書いております。

チーズのページをチマチマ追加更新しております。
そして今の時期にオススメのワインを紹介するページを作りました。
私のオススメ基準は「全く飲めない女でも味は美味しいと思えるワイン」となっております。
今はこれが精一杯ので難しいのは店長と西村さんに任せておこうと思ってます。

そしてアルコールを今までほぼ口にした事の無いアルバイトの私ですが、先週からワインを口に入れる機会を店長に作って頂いてます。

しかしまぁ、ここまでアルコールに弱いとは思いませんでした。
よもやワインを口に入れ数秒で口内の粘膜が剥がれ落ちるとは。
赤ワインを口に入れ、もぐもぐと動かしたらベロ~ンと剥がれました。

先日、お客様に頂いたブドウジュースを口直しに店長に貰って心底思ったのは
「アルコールの入ってない飲み物は体に優しい」でした。
腫れた感じの舌で頬の裏側を触りつつ、アルコールって消毒にも使われるよなぁと思い出しました。
いつになったらワインの味にたどり着くのか、全くもって先が遠い私です。

アルコールさえ入ってなければ美味しい味なのになとワインもあるっぽいので
何とかなるさと楽天的に頑張っていこうと思ってます。

お勧めのワイン

2009年07月27日 18:16

0727.jpg
グラス1790円    ボトル11500円

設立は250年近く前。当時キュミエールの村等にぶどう畑を所有していた、フランソワ・ドゥラモットが1760年、ヴァン・ド・シャンパーニュという会社をランスに設立、これがドゥラモットの前身となる。その後長男のアレクサンドルが成人を迎えたのを機に、1786年、社名をドゥラモット・ペール・エ・フィスに変更、現在に続くブランドが誕生する。後にアレクサンドルの弟ニコラ・ルイが会社を引き継ぎ、共同経営者としてジャン=バティスト・ランソンを社に引き入れたが、1837年にニコラ・ルイが亡くなると、ジャン=バティストは社名をドゥラモットからランソンに変更、ドゥラモットのブランドは一時消滅することになる。20世紀に入り、マリー=ルイーズ・ド・ノナンクール=ランソンにより、両大戦の狭間1927年にドゥラモットの名が復活。そして1988年にはサロンと共に同じノナンクール家が経営するローラン=ペリエの傘下に入り、現在に至っている。

このブラン・ド・ブランはシャルドネ種のキャラクターからくる、クリーンで上品な風味。ドサージュは1リットル当たり9グラムと、非常に少なく、これはシャンパーニュのもとになるワインの質が高い事を示唆しています。ぶどうは90パーセント以上に格付けされている、コート・デ・ブランのシャルドネ種を使用。
全生産量は30万本。現在でもルミュアージュは人手で行なっているメゾンです。

8月のお盆は通常営業致します

2009年07月26日 01:30

8月14・15・16(金・土・日)は通常営業致しております。

サイトに新しいメニューの表記とチーズについての説明を更新致しました。
宜しければご覧下さいませ。

キノコのオリーブオイル煮

2009年07月25日 17:52

0725.jpg

一皿・750円

新しくメニューに入りましたキノコのオリーブオイル煮です。
ミュゼにキノコ料理が無かったのとアルバイトの私めがキノコ好きなので
レシピを探して店長にお伺いを立てた所、運よく採用になった一品です。

暖かくてもよし、冷たいままでも良しのおいしい一品ですので是非いちどお試し下さいませ

パンナコッタできました。

2009年07月21日 18:05

0721.jpg

一皿・420円
今日も新しいメニューのお知らせです。
店長手作りパンナコッタです。
甘みを抑えアマレットを効かせたお酒の風味豊かなデザートとなっております。

コムハニー(巣蜜)とご一緒にお召し上がり下さいませ。

マンゴーシャーベット

2009年07月20日 17:35

0720.jpg

一皿420円

夏の新しいメニューにマンゴーシャーベットが加わりました。
黒コショウを少しかけてサッパリとした、大人な風味でワインに最適です。

店長の手作りシャーベットですので是非に一度お試し下さい。


今日のおススメ

2009年07月16日 18:13

0716.jpg

今日は宵山ということで木曜日ですが営業しております。
人波に疲れたら是非お立ち寄りください。
本日のグラスワインは
キリカヌーン‘キラーマンズラン‘シラーズ2007
グラス1260円  ボトル7500円

一昨日キリカヌーン社の社長のネイサン・ワックス氏と奥様が来日され
当店でお食事会を開きました。
ご参加くださった皆様本当にありがとうございました。
この会でも出たワインですがネイサン氏は
プラム・ブラックベリー・シナモンなどが感じられ
シンプルな料理に合わせたい。
とのコメントでした。

濃いだけではないエレガントなシラーズです。
露天のビールの後に是非。

祇園祭です

2009年07月15日 17:29

アルバイトのウエキです。

祇園祭が始まっております。
昨日から明日までの三日間、店長と私は浴衣で働かせて頂きます。

明日の水曜日は本来は定休日ですがオープン致しておりますので、ぜひにお立寄り下さいませ。
お囃子を聞きながらワインは如何でしょうか。

画像は店長が本日活けたひまわりです。

0715.jpg

本日仕込中

2009年07月11日 17:57

本日は店長がラタトュイユを仕込んでおります。
煮崩れ防止の為に今回から野菜の切り方を変更だそうですが、
何にしても玉ねぎで目が痛いウエキです。

これからきっとシャーベットも作ると思いますので来週あたりにシャーベットがメニューに載るやも知れません。
載ってなければ、あぁ、失敗したのか思って頂けたら多分正解です。

私は最近、お店でお客様に出す氷を切らせて貰っているのですが、氷の塊りを包丁で四角に切るのがこんなに難しいとは思いませんでした。
四角に切れるのはせいぜい1/3弱です。
後は、前衛的作品になってしまいます、と言葉を選びつつ包丁でぶつけた指が痛い私でした。

今日のワイン

2009年07月10日 18:48

0708.jpg

アンリヴィオ ブリュットロゼNV
グラス2300円   ボトル15000円


今日では希少品となったシャンパーニュの伝統的な木製開放プレスを使用するなど
“シャンパーニュの温故知新”の精神を貫いており、
20年前から既に厳格なリュットレゾネを実践していたという真の職人です。
セパージュはピノノワール33%ピノムニエ33%シャルドネ33%
あまり日本では見かけません。特にフランスとドイツでほとんど消費されるようです。
2年ほど前に飲んだ時は「・・・渋っ。」
先月飲んだ時は「ベリー香たっぷりでまろやか」
なかなか個性的なロゼです。

そういえば今日から鉾がたてられてますね。

サイト

2009年07月09日 22:20

0710.jpg

アルバイトのウエキです。
今日は休みだったのですが予定が無かったのでサイトを久々に弄りました。
http://www.aqua.zaq.jp/kyotomusee/wine/

宜しければご覧になって下さいませ。
夏らしくしてみました、と言うか己の趣味なデザインにしてみました。
ワインバーらしからぬ感じかなぁ?と思いつつ、まとまり感はあるので良しとしました。

リンクの文字の色が変わるのは店長が他のお店のサイトを見ていて
ピコピコ色が変わるのを羨ましそうに見ていたので、やってみました。

一応これくらいなら私にもできるんですアピールをしつつ、画像は先日お客様が
お開けになった、古酒です。
私と同じくらいの年のワインだそうです。
恐ろしいワインもあるもんだと思いつつ、ワインを開ける店長の手つきを見ておりました。

私には無理というのがわかりました。
明日から又頑張ろうと思います。
ワインの説明はきっと店長が明日にでもブログに書いてくれると信じつつ失礼致します。

2009年07月07日 17:43

0706.jpg

ジュヴレシャンベルタン2006・クロードデュガ
グラス2200円  ボトル14700円

もはや説明不要かもしれないですが、ジュヴレ・シャンベルタン村を代表する造り手のクロード・デュガ。
ロマネ・コンティを脅かす存在と評されるほど傑出した銘酒を生み出し、その人気、評価は止まることを知らない。

クロード・デュガの畑は全てジュヴレ・シャンベルタン村にあり、耕作には馬を使い減農薬法で栽培されている。
テロワールを重視し徹底した選果により凝縮感溢れるブドウを収穫する。仕上がったワインは高貴な香で、凝縮された果実味が複雑でエレガント。
など話題には事欠かない生産者ですがその味はいかに。
ぜひお試しを。

只今のお出迎え

2009年07月05日 18:40

07042.jpg

バイトのウエキです。
今日はキリカヌーンのお食事会のハガキを作ったので見本を店長に見て頂く為にミュゼに来ております。
お客様席に座わっているドキドキです。

さて、画像は只今、ミュゼのドアを開けたらお客様を一番にお出迎えするモノです。
先月までは紫陽花でしたが只今の一品はポプリです。
中々によい香りのするポプリですので、宜しければ匂いを試されて下さいませ。
店長の苦心のレイアウトで玄関でお客様をお待ちしております。

今日の一品

2009年07月04日 18:15

07041.jpg

コートデュローヌ‘ラ・ピアラード‘2004

グラス ・1470円 ボトル ・9450円

シャトーヌフドゥパプで有名なシャトーラヤスの造るコートデュローヌです。
シラーとサンソーで造るこのワインはスグリの甘酸っぱさと
熟成からくるなめし皮の香り印象的です。
お囃子を聞きながらゆっくりお楽しみください。

7月ですね

2009年07月03日 15:02

アルバイトのウエキです。
最近、早い時間に余裕があるとワインの事を店長に教えて貰っている今日この頃です。
なので自宅で書いております。

人生ウン十年の中にアルコールの知識を全く入れてなかったので純粋に面白いです。
仕事に関わることなんで面白いじゃ駄目だとは思うんですが、己の知識欲に久々に火がつきました。

アルコールって面白いなぁ、発酵の過程で持っていなかった化学式が発生して本来ならその物質の構築式にはありえなかった香りを化学変化でつくりあげたり出来るって面白い。

物事を感覚的に捕らえるよりも数値で考える方が性に合ってるのでワインの情緒とかに思いをはせるよりも化学式で見る方が納得できるんで、とりあえずそっちからワインの本当にあらましになるでしょうが、ワインの輪郭を知っていきたいと思ってます。

物事を知るというのは楽しい事だったのだなぁと最近、思い出してる今日この頃です。
それが仕事と一致するなんて店長にはご迷惑をお掛けしてますが、我ながら運が良いと思ってます。

己の欲が仕事の助けにもなれるって素晴らしい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。