スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は二周年です

2010年10月29日 20:30

早いもので明日でオープンから二年を迎えます。
数えきれないくらいの方々のお力添えと励ましのお蔭で
この日を迎えることができました。
本当にありがとうございます。

明日の営業はミュゼらしくキッチリバタバタやろうと思います。
なにをやるかといいますと・・・

ボトルにかぎり全て30%OFF
そして
秋の味覚を七輪で焼いて召し上がっていただきます。
食材は当日のお楽しみで。

台風直撃の嵐の2周年を心配していましたが
なんとかそれてくれているようですので
明日はみなさまと一緒に楽しい時間を共有できれば幸いです。

どうぞよろしくおねがいいたします。
スポンサーサイト

本当にありがとうございました

2010年10月27日 19:02

昨日は食事会にご参加いただきまして

本当にありがとうございました。

とあるお客様からはお花を頂戴いたしまして

本当にありがとうございました。

松阪牛WHAT'Sさんとのコラボで企画いたしました食事会ですが

皆様楽しんでいただけましたでしょうか。

3回目となるこの食事会ですがまだまだ至らないところがあり

より一層豊かな時をご提供できるよう努力していきます。

今後ともご指導いただけますようどうぞよろしくおねがいいたします。
本当にありがとうございました。

女子力

2010年10月23日 17:41

ウエキでございます。
本日はお客さまに誘って頂き、いけばな初体験でした。
とてもお優しい、お綺麗な先生にこうすれば良いんですよ、と親切に教えて頂きつつ
お手本の花かごを食い入るように見つめ出来上がったモノは

PA230608.jpg

題名「花の生け作り」

おかしい、こんな筈では首をかしげても実に己の雑な性格がにじみ出た一品に仕上がり、盛りっとした無駄に力強い花かごになりました。
ま、しょうがないよね、初めてだもの、と横を見ればご一緒して下さったお客様が綺麗に品よくいけられた花かごがありました、どんまい自分。

先生は物凄く丁寧に教えて下さったのに何故にこうなったのであろうな、と己の性格を振り返るよい機会になりました。

今日、明日くらいはミュゼに飾って貰っておりますので、薄目で見て頂けたら幸いです。


今日のウエキおススメの白ワイン
シャサーニュモンラッシェ`08  1700円
ラモネ(ブルゴーニュ)

ジャック・プリウール2007セミナー

2010年10月22日 20:19

PA220602.jpg

一昨日大阪グランヴィアさんを会場に
ジャック・プリウール2007テイスティングセミナーに参加させていただきました。
5代目当主のマルタン・プリウール氏をむかえ6種類のワインをいただきました。

赤ワイン
ボーヌ・シャン・ピモン・1er 2007
コルトンブレッサンド・グランクリュ 2007
クロ・ヴージョ・グランクリュ 2007

白ワイン
ムルソー・クロ・ド・マズレー・モノポール 2007
ピュリニー・モンラッシェ・レ・コンベット・1er 2007
コルトン・シャルルマーニュ・グランクリュ 2007

2007年の特徴として温かい冬の影響で生育サイクルは例年より1カ月早くすすみ
雨がちな夏をむかえ湿度の調節と日光を取りこむため除葉が重要、
8月末の収穫まえにピノにカビの発生がみられ早いタイミングの収穫になりました。
シャルドネはピノの10日後に開花がはじまり8月末の雨の影響は生育途中だったため
ピノよりは少なくじっくり成熟を待ってから収穫ができたとのことでした。
たしかに赤はやや凝縮感に欠けるところはあるもののグランクリュの2つは
緩みなくクロヴージョは特に黒い果実と土の香りが強くさすがの一言です。
後半の白ワインもすばらしくピュリニーコンベットはこの地のお手本ともいうべき
味わいかんきつ類と海の香りすらするミネラル、ハニーナッツなど。
コルトンシャルルマーニュはチョークが強く変化も多種にわたりスケールの大きさが
今でも感じられるワインでした。
1990年からベストワインメーカーオブザイヤーにも輝いたナディーヌ・ガブリン女史をむかえ
以降ワインは極めてエレガント、透明感の際立つものになっています。

セミナー後にサインをお願いしたのですが快く笑顔で引き受けてくれました。
「これ君が飲むの?」と聞かれたのですが「いやー売り物なんで・・」と答えると
少し飲みたそうな顔してました。

偉大な年にしか作られないこのワインですがあけられるのはどちら様か・・
お声が掛るのをお待ち申し上げております。

白と黒のシャンパーニュ

2010年10月19日 20:18

PA190601.jpg

ユーリス・コラン EXブリュット ブランドブラン
   ボトル16800円

コラン家は、コンジィ村で約200年前からブドウを栽培しています。
曽祖父のジョルジュ・コランが1930年にシャンパーニュの販売を始め、それを受け継いだ祖父のルネ・コランが、
その後50年間ビジネスを拡大しました。先代当主は1987年から2003年までネゴシアン(ヴランケン社)とパートナーシップを組みましたが、今の代になって2003年に畑を取り戻し、2005年に圧搾機やカーヴなどの醸造設備を新たに導入しました。オリヴィエ・コランは、アヴィーズのドメーヌ・セロス(アンセルム・セロス氏)のもとで学んだ後、2003年にドメーヌ「ユリス・コラン」を創設しました。2004年が最初のヴィンテージで、生産本数は5400本です。
ミレジメを名乗ってはいませんが、実際には単独年産ブドウだけで出来ているシャンパーニュです。
リュー・ディの名前は明示していませんが、レ・ピエリエールという小区画に植わるシャルドネで造られます。
この小さな区画は、南斜面にあり、表土の厚さは比較的浅く、その下の層はシレックスが混じった
シャンパーニュ固有の白亜層です。8.7haのうち現在は一部のブドウをネゴシアンに売っていますが、
その他の部分は伝統にのっとり、小樽で発酵・熟成して醸造し、自社で販売しています。
アンセルム・セロスのもとで学んだ経験から啓発を受け、2004年から畑の栽培方法を根本的に変えることにしました。
テロワールを表現するワインを造るために、除草剤をやめ、耕作方法を変え、土壌を生かしワインの中にミネラルの味わい表現されます。個性ある味わいのワインを表現するために、畑に傾注した作業の延長線上に立って、発酵は野生酵母だけを用い、小樽で熟成させ、清澄・濾過をせずにビン詰めします。



セドリック・ブシャール
アンフロレッサンス ブラン・ド・ノワール
ヴァル・ヴィレーヌ
  ボトル 16800円

シャンパーニュ地方のコート・デ・バールに、2000年設立。
歴史は浅いものの、そのシャンパーニュの印象たるや鮮烈。「全く新しいシャンパーニュを造り出す若き天才」と言われ、各ワインメディアが選ぶ「年間最優秀シャンパーニュ生産者」に次々と選ばれています。
   爆発的で万華鏡のような
   セドリック・ブシャールのシャンパンは、今日、
   シャンパーニュで最も人々を引きつけるワインであり、
   ただただ、私は今回試飲した数々に言葉を失い、
   畏敬に頭を揺さぶられるようだった。

   読者は、彼のシャンパンを味わうために何でもすべきだ。

   (ロバート・パーカー氏の評価より)

ワイン名についている「ヴァル・ヴィレーヌ」とは、ブドウ畑の区画名で、28ヶ月熟成しています。ピノ・ノワール100% 単一区画(1.49ha)、平均ブドウ樹齢35年、年間生産量8900本。一番搾りのみを使用。補糖なし・フィルターなし、コラージュなし。ヴァル・ヴィレーヌは、区画名。28ヶ月熟成。

果汁の良さを思わせる、ピュアな味わいが魅力で繊細な泡立ち。
洋梨のようなボリュームのある果実味とミネラルをお楽しみください。

ラベルはありませんが・・・

2010年10月18日 19:15

PA180598.jpg
PA180599.jpg

昨日のゲストにお出ししたワインです。

モレサンドニ1erクロドラブシェール2004
 ジョルジュ・ルーミエ

ワイン教室にも通われているそうで今日も色々悩まれた末
選んで頂いたワインがこちらでした。

教室の先生に「たまには良いワインを飲みなさい」と
アドバイスを受け理解あるお連れ様の優しいお言葉もあり
少しフンパツしてもらいました。

シャンボールミュジニーに接しているこの畑は筋肉質なワインが多い
モレにあって作り手の技量もあわせて極めてエレガント。
やや開くのに時間がかかりますが30分ほどすると
赤系のベリー・プラム・紅茶・シダ―・ベーコンなどなど
時間の経過とともにさまざまな表情を見せてくれました。
1953年に取得した畑はそれ以降、分割されることなく同家のモノポールになっています。
2004年のタイトなヴィンテージを無理なく表現したワインではないでしょうか。
清流のように淀みなく透き通って非常に長い余韻が印象的です。

山本もゲストと一緒に頂き楽しい時間を共有させてもらいました。

ぽっちゃり系ブシェールもすきですが04の様なスレンダーなブシェールもなかなか。
やはりクリストフさんのワインは女性のイメージが浮かんでしまいます。

本日のグラスワイン

2010年10月15日 19:23

シャンパン
ニコラ マイヤール 1er ブリュット 1780円
(シャンパーニュ)

白ワイン
トゥネラ フリウラーノ ‘09 1100円
(イタリア:フリウリ州)

赤ワイン
カルム トウリガナシオナル ‘09 1100円
(ポルトガル:ドゥロ)

甘口ワイン
シャトー シガラ ラポー‘98 1260円
(フランス:ソーテルヌ・貴腐ワイン)

--------------------------------------------------------------------------------
ミュゼからのオススメワイン

赤ワイン
ゴーストブロック カベルネソーヴィニヨン‘07 2000円
(カルフォリニア:ナパ・オークヴィル)

ジュヴレ シャンベルタン ‘06 1780円
(J・T・ギーヤール:ブルゴーニュ)

白ワイン
ルイス セラーズ シャルドネ‘09 2000円
(カルフォルニア:ソノマ)

シャサーニュ・モンラッシェ ‘08 1700円
フランス:ブルゴーニュ・ドメーヌ:ラモネ


本日の変わり種はポルトガル・ドゥロのカルムです。
SO2フリーのワインですが飲んで楽しくなるようなヤツです。
ブルーベリーヨーグルト味。
以前グループのお客様に飲んで頂きましたが
全会一致でブルーベリーヨーグルト。
そこからかなり変化も楽しめるワイントークに花が咲きまくります。
王道も良いですしこんなナックルボールのようなワインもまたわいんで。

ブルゴーニュだけじゃないですよ。

2010年10月11日 17:39

001.jpg
今月の西村おすすめのグラスワインです。
左:ルイス ソノマ シャルドネ2009
右:ゴーストブロック ナパオークヴィル2007
どちらもグラス2000円です。
Lがまぶしいシャルドネのスペシャリストとオーパス1ラヴァーにぜひ飲んでいただきたいカベルネです。
PA110588.jpg
次にシャンパーニュです。
フランソワ・セコンド ブリュット
ニコラ・マイヤール1erブリュット
ゴッセ・ブラバン1erブリュット
こちらは日替わりでグラスで登場予定です。

セドリック・ブシャール ブランドノワールブリュット 16800円
ユーリス・コラン ブランドブラン EXブリュット 16800円
PA110583.jpg
今回はイタリアも大幅に増員いたしました。
エリオ・グラッソ
  バローロ2006 12600円
  ランゲ ネッビオーロ2009 5400円
ブルーノ・ジャコーザ バローロ2005 12500円 
パオロ・コンテルノ バローロ2005 8600円
ロベルト・ヴォェルツィオ
  バルベーラ ダルバ2006 9500円
  ランゲ ネッビオーロ2006 8900円
パオロ・スカビーノ ランゲ1999 12000円
ラ トゥネラ フリウラーノ2009 5250円  
PA110595.jpg
ガイア バルバレスコ1991 40000円 
「燃える闘魂アンジェロ・ガイア」以前呼んだ書籍に書いてありました。
たしか葉山さんの本だった気が・・・
PA110591.jpg
続いてボルドーです。
CHグランピュイデュカス2003 10800円
CHランゴアバルトン2001 12000円
CHマレスコサンテグジュペリ1999 12600円
CHジスクール2004 15000円
星の王子さまの99なんか良いころ合いかと。
PA110592.jpg
グラーブと右岸から
ラ シャペル ド ラミッションオーブリオン2006 11130円
ル クレメンティン chパプクレマン1995 8820円
CHラトゥールアポムロール2001 15700円
CHラローズ1996 13500円
CHモンブスケ2001 13000円
アロームドパヴィ2005 13300円
王子さまの後は法皇さまの飲みごろはいかがでしょうか。
PA110596.jpg
CHシガラ ラボー1998 10500円
たまたまネットで値段を見たのですがドえらい事になってました。
グラスでもお出ししていますのでぜひ。
PA110582.jpg
最後はブルゴーニュで。
パトリス・リオン ニュイサンジョルジュVV2002 
セシル・トランブレイ ブルゴーニュ ルージュ2008 8200円
J・Pフィシェ ブルゴーニュ ブラン2007 6600円

以上本日の新顔さんたちです。
みなさまよろしくお願いいたします。

オールド&グッドヴィンテージの入荷です

2010年10月08日 20:29

PA080581.jpg
PA080579.jpg

まずはイタリアのオールドです。

チェレット バローロブリッコロッケ1988 ボトル 25000円

フィオリーナ・フランコ バローロ1982 ボトル 24000円

「王の為のワインでありワインの王」この2人の王様はいかがでしょうか。
チェレットはラベルが破損していますが1988でございます。

次にブルゴーニュのグッドヴィンテージを。

ジョセフ・ドルーアン シャンボールミュジニー1990 ボトル26700円
(カーヴオージェ)
ブリュノ・クレール マルサネ1990 ボトル16240円

セラファン ジュブレシャンベルタン1999 ボトル15000円

アルマン・ルソー ジュブレシャンベルタン2002 ボトル21000円

秋風が心地よい日々がつづいています。
そんな夜長にふさわしいブルゴーニュではないでしょうか。
当店の窓も開け放ち開放感のあるワインをお楽しみください。

ブルゴーニュブラン2008セミナー

2010年10月05日 18:22

PA030574.jpg
PA030572.jpg
PA030573.jpg



この度はブルゴーニュブラン2008テイスティングセミナーにご参加くださいまして
本当にありがとうございました。

当日はお足もとの悪い中みなさまお集まりいただきまして
辛辣な評価が目立つ2008ヴィンテージの白に照準をあわせ
ブルゴーニュ魂の西方さんと当店西村が講師となりワインの解説および
ブルゴーニュの現状ときどき漫談・・・といった具合に。
ピュリニー・シャサーニュを代表する生産者のヴィラージュと1er をご用意しました。
ルフレーヴ・ソゼ・ラモネ・ニーロンなどなど。
おぉーと唸るものからうつむいてしまうようなものまで
やはり平行試飲は残酷なまでにワインの個性が浮かび上がります。
タイトなヴィンテージこそ作り手の力量が問われ同時にその方向性が
認識できた会だったと思います。

またこのような試みはやっていきますので少しでもワインにご興味のあるお客様は
次回ぜひご参加くださいませ。

試飲に使ったグラスはすべてオーストリアが誇りかつては
大帝国ハプスブルグ家にも愛用されたロブマイヤー社のグラスでした。
1脚2万弱・・
なんとか破損やチップもなく西方さんにお返しでき良かったよかった。

始めの写真の右端に写っているワインは今回のオマケワインです。
なぜか当店のセミナーにはオマケがよくつきます。
大丈夫なんですよね・・・西村さん。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。