スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月7日の試飲会

2010年03月09日 19:30

P3070164.jpg


P3070165.jpg


P3070166.jpg
こんばんは山本です。
久しぶりのブログは石です。
上からシレックス・キンメリジャン・カリケール
お察しのいい方はお分かりと思いますが
ロワールを代表する土壌の石です。
これらをお持ちになられたのは
サンセールで10世代にわたり銘酒を造り続けている
ドメーヌ・アンリ・ブルジョワの当主
ジャン・マリー・ブルジョワ氏です。
アッサンブラージュが多いロワールにありながら
それぞれの土壌ごとにワインを仕上げるという
非常に手間のかかる醸造を行っています。
この日は白・赤ワインを合わせて11種類のワインがあり
特に白ワインには明確な個性の違いがみられました。
キンメリジャンは焼けた石。
シレックスはグレープフルーツなどのかんきつ類と
岩塩の余韻。
カリケールは非常に透明感のあるペルナンあたりの
ピノのようでした。 

下の2本のワインは早飲みのイメージがあるサンセールの
熟成を感じてもらいたいと
ラ・ブルジョワーズ ルージュ1997
ラ・ブルジョワーズ ブラン2000
どちらもマグナムです。
ミネラルと果実実が溶け合い
やさしく、かわいらしく、余韻に力強さがある
素晴らしいワインでした。

ちなみに現当主のジャン・マリーさんの
写真はありません。
会場にお越しの女性方とのお話に夢中でして・・
やはりワインと女性は近いところに
存在するみたいです。


P3070167.jpg


P3070169.jpg


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/103-d63d8fea
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。