スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭り

2010年07月09日 18:30

祇園祭も始まり、河原町界隈がお祭りの雰囲気で充満しつつある今日この頃
昨日、店長がお囃子の練習風景を写真に収めて来たのでUPするウエキです。

函谷鉾(かんこほこ)のお囃子の練習風景

P7080410.jpg

函谷鉾は、四条通烏丸西入ル函谷鉾町の鉾で応仁の乱(一四六七~一四七七)以前に起源をもち、
くじ取らずの鉾として、鉾では長刀鉾に次いで第二番目に巡行し鉾櫓、屋根の規模は大きい方である。

鉾の名は中国戦国時代(前四〇三~二二一)斉の孟嘗君(もうしょうくん)が
函谷関で家来に鶏の鳴声をまねさせて関門を開かせ難を逃れたと言う故事にちなんでつけられている


月鉾のお囃子練習風景
P7080415.jpg

古事記から伊弉諾尊が左眼を洗って天照大神、右眼を洗って月読尊を生んだことからきている。
鉾頭に、横40センチ、上下24センチの金色の三日月がついてる。


と、そろそろ浴衣の準備をせねばならないウエキでした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/147-1c6ad1d1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。