スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年08月11日 18:16

P8110478.jpg

新入荷ワインのご紹介です。

Jコンフュロン・コトティド
  ジュブレシャンベルタン1erプティシャペル2004
   ボトル14700円
  
  ポマール2005
   ボトル12600円

ギィアッカドから脱却し現在ビオに切り替えられ醸造されるワインは
以前の異常ともいえる濃さからナチュラルな果実実になっています。
とはいえ十分濃いのですが・・

ミネラル感が背骨になったエレガントなジュブレ。
どことなく牧歌的なポマール。

その時の心持でお選びください。

Jコンフュロンコトティドの来歴は先週のブログをご覧くださいませ。

 

P8110476.jpg

先日お客様にご用意したワインです。

RUSSIZ SUPERIORE
COLLIO DOC CABERNETFRANC 1983

いろいろ調べてみましたがあまり情報なしです。
スミマセン。
フリウリヴェネチアジューリア州のDOC。
生産者のルシッシスペリオーレはワイン誌ガンベロロッソで
高く評価されています。

新しい人生の門出に生まれ年のワインで祝杯でした。

テイスティングして  ん?
お客様も一口飲んで  ん?
あがらない・・・
でもくすぶるように余韻になにかある。

そのままお出ししたワインはすこしおいといて
デカンタージュして20分ほど経ったワインを注いだとき
一気に安堵の表情になりました。
とめどなく香りが広がりベリー アニス シナモン レザー 葉巻
などなど一口ごとに変化していきます。
何かトンネルを抜けるとそこは・・
という心境でした。

門出の酒にピッタリでしたね?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/162-3ae4577c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。