スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラベルはありませんが・・・

2010年10月18日 19:15

PA180598.jpg
PA180599.jpg

昨日のゲストにお出ししたワインです。

モレサンドニ1erクロドラブシェール2004
 ジョルジュ・ルーミエ

ワイン教室にも通われているそうで今日も色々悩まれた末
選んで頂いたワインがこちらでした。

教室の先生に「たまには良いワインを飲みなさい」と
アドバイスを受け理解あるお連れ様の優しいお言葉もあり
少しフンパツしてもらいました。

シャンボールミュジニーに接しているこの畑は筋肉質なワインが多い
モレにあって作り手の技量もあわせて極めてエレガント。
やや開くのに時間がかかりますが30分ほどすると
赤系のベリー・プラム・紅茶・シダ―・ベーコンなどなど
時間の経過とともにさまざまな表情を見せてくれました。
1953年に取得した畑はそれ以降、分割されることなく同家のモノポールになっています。
2004年のタイトなヴィンテージを無理なく表現したワインではないでしょうか。
清流のように淀みなく透き通って非常に長い余韻が印象的です。

山本もゲストと一緒に頂き楽しい時間を共有させてもらいました。

ぽっちゃり系ブシェールもすきですが04の様なスレンダーなブシェールもなかなか。
やはりクリストフさんのワインは女性のイメージが浮かんでしまいます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/192-8679eb8d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。