スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーウィンエステートセミナー

2010年11月10日 17:55

PB090702.jpg
PB090700.jpg
PB090698.jpg
PB090699.jpg


昨日は岡崎のレストラン ラ・シゴーニュさんを会場に
オーストラリアのワイナリー ルーウィンエステートのセミナーに参加してきました。
富山の輸入会社ヴィレッジセラーズさんのご厚意で6種類のワインをいただきました。
リストは
  プレリュード・シャルドネ2007

  アートシリーズ・シャルドネ2006

  アートシリーズ・シャルドネ1999

  プレリュード・カベルネ&メルロー2004

  アートシリーズ・カベルネソーヴィニヨン2004

  アートシリーズ・カベルネソーヴィニヨン1999

ルーウィンエステートは1973年にマーガレットリヴァーでデニス・ホーガン夫妻によって設立されました。
設立にはマーガレットリヴァーに大いなる可能性を感じていたロバート・モンダヴィ氏の協力があったとのことでした。
当初はリースリング・カベルネ・シラーズから始まり1979年に最新のウィルメス・プレス機をオーストラリアで
初めて導入しブドウ栽培学者の招聘など早くから畑に重点を置いてきました。
今では有名になったアートシリーズは1980年のシャルドネから採用されラベルは西オーストラリア州の
ロバート・ジュニパーによるものです。
このワインによって世界中に存在の知られたルーウィンエステートですがその生産量はオーストラリアの
全生産量170万tのうち0.05%に過ぎず加えてマーガレットリヴァーの生産量も3%しかありません。
しかしプレステージワインにかぎればマーガレットリヴァーはその量は20%になります。
気候はボルドーに近く降雨量は夏から収穫期まで少なく年間温度差2度という安定した海水温が特徴です。
ワイン造り以外にも1985年から世界的に著名な音楽家を迎えて開催されるルーウィン・コンサートは
マーガレットリヴァーの大きな行事になっています。

当日頂いたワインはやはり1999の赤と白が際立っていました。
カベルネはメドックの古酒の風味も漂うリッチなワインで味わいはまだまだパワフル。
シャルドネは始めシェリー香が強く嫌な予感が・・しかしほどなくカスタードのような甘く濃厚な
香りにローストしたアーモンドや桃、チョークなど。
ついついこの2杯はおかわりをしてしまいました。
心残りはセミナーを途中で退席せざるを得ない事でした。
ミュゼは17時からなもので・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/203-e3e7369f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。