スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おススメグラスワイン

2010年11月13日 18:32

今日のおすすめグラスワインです。

シャトー・モンローズ2004年 グラス2100円
ボルドー:サンテステフ
品 種:カベルネ・ソーヴィニヨン65%・メルロ25%
    カベルネ・フラン8%・プティ・ヴェルド2%

モンローズ(Mont rose:バラ色の山)という可愛い名は、この荒れ地一帯に茂るヒース(heather)が春になると花が咲き、丘一面がピンク色に染まったことこから来ています。
もともとはカロン・セギュール候の領地の一部でしたが、その後テオドール・デュムランという人の手に渡り、
1866年にアルザス出身のワイン造り屋マテュー・ドルフェスという人が買い取りました。

サンテステフは2級が二つあり、「シャトー・コス・デストゥルネル」はポイヤックの
「シャトー・ラフィット・ロートシルト」と小川を挟んで隣ですが、
「シャトー・モンローズ」のほうはやや北のジロンド川沿いといってもかなり小高い丘にあります。
北にカロンセギュール南にコス ラボリとコス デストゥルネルという偉大なシャトーに囲まれた場所に畑があり、
男性的な力強さを誇る格付第2級のシャトーです。

2004年ヴィンテージはモンローズが大成功した年で、1級シャトーと同格もしくはそれ以上の評価を受けるほど素晴らしいワインに仕上がっています。

濃いベリーの香りがしとても華やかで黒こしょうのスパイスも感じますが、やはりフルーツが強く
酸はやや控えめですがこのワインの清廉なイメージにはなくてはならない要素のように感じます。
ホームランバッターのようなモンローズですが今タイムリー二塁打くらい。
あと5年後にはランニングホームランかな。
といった感じです。

昨日とはうって変わって冷える夜ですが心よりご来店お待ち申し上げております。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/204-d34fba7e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。