スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェロボーム試飲会

2010年11月22日 19:06

PB220711.jpg
PB220705.jpg
PB220708.jpg
PB220710.jpg
PB220709.jpg

今日は新阪急ホテルで開催されたジェロボームさんの試飲会に行ってまいりました。

今回は錚々たるラインナップで目移りしながら全部いただきました。

ワインリスト
  ポール・ロジェ:レギュラー、ミレジム、ロゼからウィストンチャーチル1999まで
          7種類フルラインナップ。
  ヒューゲル:リースリング、ゲヴルツ、ピノや貴重なリースリングVTなど。

  ティボ・リジェ・ベレール:ブル赤、ニュイサンジョルジュ・1ER、アロースコルトン
               なんとクロヴージョまで。
               新ラインのムーランナヴァン3種類。
  
  ドメーヌ・パラン:コトーデュヴァントー、コートデュリュベロンのレギュラーから
           コートデュローヌ、ジゴンダス、クードルドボーカステル赤・白
           フラッグシップのシャトードボーカステル2007

  シャトーパルメ:シャトーパルメ2003、アルテレゴドパルメ2006・2007

主だったワインを書きましたが他にもまだまだありました。
印象深いワインの生産者さんの写真を撮らせていただきました。
一番上のメガネの方が2004よりシャトーパルメの支配人に着任したトーマス・ドゥロ―氏
3年間トスカーナのオルネライア醸造に携わっていた方で今回のパルメは2003の為前任者によるものでした。
アルテレゴは特に2006が非常に華やかでベリーの風味が濃く、明るい印象は少しイタリアを思わせてくれます。

真中はポール・ロジェの方です。
スミマセン名前忘れました・・・
すばらしく真摯な物腰でさすがシャンパンメゾンの代表といった感じです。
ウィストンチャーチルはおかわりしました。ごちそうさまです。
ただ飲み頃はまだ先で今日良かったのはミレジムの1999でした。

最後はティボー・リジェ・ベレール氏。
インターネットでのワイン販売会社でディレクターとして働き、2002年からはこの地の宝石とも言える
素晴らしい畑を両親から財産として相続すると同時に、ドメーヌを立ち上げました。
自慢のレ・サンジョルジュ2007はやはり素晴らしくクロヴージョに負けない存在感でした。
パンフレットやH・Pの写真の方が男前に・・・
本人には言ってません。
笑顔が素敵な方だなぁと思っていたら山本と同い年。
完全に貫禄負けです。

すばらしいワインをありがとうございました。
大満足の帰路は阪急電車で爆睡でございました。
 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/208-ec6ad00c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。