スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ワインもうまい。

2011年08月04日 02:16

0803_20110804015216.jpg

1920年代前半、ピエール・ラモネ氏によって設立されたドメーヌ。以来、白の名手として名をはせるラモネ。
初代ピエール氏は1994年に他界するまでカーヴに立ち続けた伝説の人物で、そのワイン造りの精神は2代目アンドレ氏に引き継がれ今は3代目ノエル氏にも。
ル・モンラッシェはブルファンの垂涎のワインですが今日、日の目を見たのはシャサーニュ・ルージュ1999
1級畑ブードリオットの斜面下部に位置し、ふくよかな石灰粘土質土壌で、果実味たっぷり。
グッドヴィンテージのワインらしく素晴らしく若々しい完熟ベリーのアロマと抱き合うように立ち上る麦わらや
栗のような木の実のやさしい甘い香り。セクシーという表現はボルドーに多い気がしますが、このワインは
そう感じさせると同時に可愛らしさも残り、このタイミングでお客様にご用意できて本当によかったと思わせてくれる1本でした。
今日はゆっくりとした営業ということもありお客様ともお話する時間はたっぷりあったのですが、交わした言葉は
「おいしいね・・」「おいしいですね・・」
ソムリエとしては甚だおはずかしいかぎりですが、幸福な時間を共にでき素晴らしいひと時でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/296-f4fff2f3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。