スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8アぺラシオン バイザグラス その2

2009年08月15日 08:00

本日からお休みを頂くアルバイトのウエキです。
店長すいません、と心にほとんど思ってない事を書きながら
今日から夏のイベントが開始されました。

通常ならグラスワインになりにくい、
もしなっても私の口紅より高いお値段のワインがグラスワイン価格1500円になっております。
1本価格だと私の化粧水なら3本以上買えちゃう勢いのワインばかりです。
えげつない。

呑まれる方だと嬉しいんだろうなぁと、昨日お客様とお話して思った次第です。
1500円もするのに(普段ジュース600円で生きてます)口々にお得ですね、と
お一人で4・5杯呑まれる方が多かったです。

サイトをご覧になって初めて来て下さったお客様も来られて広報らしい私としては嬉しい日でした。

それでは残り二日の限定イベントですが是非にいらして下さいませ。
心よりお待ち致しております(店長が)。

◆モレサンドニ2006
新進気鋭の生産者オリヴィエジュアン

◆シャンボールミュジニー2006
ワイン造りの名家グロ家の当主ミッシェルグロ

◆ヴォーヌロマネ2006
お城が自宅フォージュレイボークレール

◆アロースコルトン1971
ニュイサンジョルジュのネゴシアン、シャルルヴィノ 
是非この機会に古酒もお召し上がりください。

◆ペルナンヴェルジュレス ブラン 2006
ルイジャド 所有する多くの中からこちらを

◆シャサーニュモンラッシェ ブラン 2006
フィリップコラン 父親ゆずりの畑の特徴をワインに表現する事に長けた作り手

◆シャトーロルバランタン2003
サンテミリオンの天使のラベルがかわいいワインです。

◆ドラモットブランドブラン
シャルドネの爽やかさのなかに柑橘類の甘い香りがチャーミングです。
スポンサーサイト


コメント

  1. 西村です。 | URL | -

    補足

    MUSEEの管理人の西村です。

    日々ご愛顧ありがとうございます。

    このHPを見てご来店いただいているお客様も徐々に増えてきていただけて・・・本当にありがとうございます。

    今回はヴィンテージとアペラシオンと作り手の組み合わせで美味しいものは常に美味しいと思っていただければ!と思いワインを選ばせていただきました。

    亮も腕の見せ所だと思っています。

    2006年の良さは圧倒的に出来の良かったモレサンドニ村とシャンボール・ミジュニー村のワインに、例年よりは早めながらまさしく今最初の開花をしようとしているヴォーヌ・ロマネ村。

    白は、透きとおった鋭角で垂直に香りが上がる2006年だけが持つ馬鹿正直な良さを表現しているワインを選んでいます。

    2003年のボルドーは僕の中では非常に難しい年なのですが、できたての頃とは異なりグリコースの成分が徐々に落ち着き、明るく開放的なボルドーには珍しい情熱的な年です。

    ドラモットは今年の夏を彩るにはちょうどいい塩梅なのではないかと思います。

    もっと暑ければ別の爽快感があるシャンパンをご用意するのですが、やや暑いけど湿気も十分ある・・・デレ~ンってした夕先ず目にはもってこいの人間の体温を受け止めてくれる様な母性を感じるシャンパンでご用意しました。

    71年は僕の家内が生まれた年なので仕入れたものを亮が持ってきました。

    ええ色調もまだしっかりしています。液面高く「おっしゃ!」って思っていたのに・・・・ええ・・・・。

    十分美味いと思います。僕たちの分も少し残しておけよ!と思う次第です。

    コルトン村のワインは、物凄く最初はそっけなくて、土臭いワインです。時間を経て初めてこのブルゴーニュにしては珍しい緩やかな大地を感じさせてくれます。

    土弄りをしている時に感じる落ち着きや温かみを表現しているこのワインをこの機会に楽しんで下さい。

    71年以外は全て現地で惚け突っ込みをして生産者に最大限の評価をさせていただいたワインです。

    少しあれ?なしてフジュレ?って気もするのですが、2005年に思ったよりも高い技術を見せてくれたので、2006年のヴォーヌ・ロマネ村に金字塔を打ち立てたM・グロをシャンボール・ミジュニーに移して、こっちを持ってきたか?と亮なりの説明を聞いてみてください。

    よくヴィンテージ?に振り回されるワイン好きの方も多いのですが、ちゃんと飲む時期と作り手を選べば不作の年でもええもんはええんだと思っていただけましたら幸いです。

    ただ・・・・儲けがでているかどうかは相当に怪しいので・・・・管理人としては「やりよったなぁ」って気でもいるのです。

    この機会にワイン?ようわからへん?ってお嘆きのおじちゃんに、百花繚乱のフランス文化に少しは憧れがあるお嬢さんも・・・そしてよくご存知のプロの方々まで。

    ご堪能していただけましたら幸いです。

    西村

  2. 昨日、早速いただきました。

    4アペラシオン飲みましたが、今飲んで価値のあるものばかりでした。
    さすが、RYOU店長!美味かった!

    もちろんどれも美味しそうでしたが、やはり8アペラシオン制覇は無理でした。残念。。。


    いただいて中では、特にアロース・コルトン'71はうちの嫁さんのヴィンテージなので飲まない訳にはいかなかったのでした。

    西村さま貴重な在庫ありがとうございました。
    奥さんにもよろしくお伝え下さい。

    “感謝。感謝。”

  3. うえき | URL | -

    社外編集長 様へ

    いつもありがとうございます。

    4種類も飲まれたんですか!
    美味しいと仰って下さってありがとうございます。

    私にはまだまだ遠い道のりですが美味しいと仰って頂けるとやはり嬉しいです。

    と一番、下っ端が失礼致しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/39-0afd0e5a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。