スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めワイン

2009年08月20日 19:10

0820.jpg
皆様こんばんはミュゼの山本です。
17日から3日もお休みしてしまいました。
休み中は郷里の岡山でのんびりしておりました。
今日から真面目に働きます。

というわけで本日のお勧めは
ジュブレシャンベルタンオーエシェゾー2006 
ミシェルマニャン
グラス1980円  

ドメーヌの名前は4代目のミシェルさんになっていますが
1997年から5代目のフレデリックさんが造っています。
自分でもネゴシアンを立ち上げフレデリックマニャン
の名前でリリースしています。
この方は父が所有するドメーヌでワイン造りをしながら成長し、
また、米国カリフォルニア州ソレダーのワイナリー、カレラで学び、
オーストラリアでも短期で働いたことがある、まさにエリート醸造家。

今年の春、大阪の昼食会で少しお話をさせてもらいました。
非常にクレバーな方でした。
自身の理想像をはっきり持ち実現させる道が
見えている。そんな感じで。
お会いしたときフレデリックさんは
インド料理に興味があり最近はスパイスの香りに
インスピレーションを得ている。
ということでしたが、このワインにもあるのか?
そのあたりも楽しんでみてください。

畑はマゾワイエールのすぐ南隣。
しかも反対隣は、モレ・サン・ドニ一級畑に隣接。
つまりつまり、シャンベルタン特級畑とモレ・サン・ド二
一級畑の間にぴったりと挟まれた絶好の畑です。
スポンサーサイト


コメント

  1. 西村です。 | URL | -

    休み明け頑張ってください。

    昨日は個人的な時間を過ごさせていただきありがとうございました。

    久しぶりに見た植木は・・・店長確実に約束実行お願いいたします。

    亮ちゃん覚えていましたか?眉間に縦筋をを持つ男。

    ブルゴーニュきっての熱血漢!ガチで「男塾野郎」そんな気配も感じます。

    彼のネゴシアンのストックは3万本?近くあるのではないでしょうか。田舎の小学校の体育館ほどあるセラーにびっしり詰まっています。

    2006年に成功した彼らも97、98年に醸造後の瓶詰に至るまでの過程でワインの殆どが販売できませんでした。

    今でも訴訟中です。

    が、それがあってからの集中力は「勉強しないから今のブルゴーニュは衰退しつつある」と豪語するほどの勤勉家です。

    ギリシャ彫刻を愛し、美味い物を食うのに命がけで・・・とことんワイン以外でも熱い奴!

    そんな熱をワインに感じていただけましたら・・・でも・・・ワインは綺麗なモネの「日傘を差す女 左向き」の様なお嬢様です。

    西村

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/42-84ab9f4f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。