スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風ですが

2009年10月02日 18:17

1002.jpg

アルバイトのウエキです。
明日は中秋の名月です。
店長が庭先にお月見の準備をしました。
明日は晴れたら良いなぁと思う私です。

さて一緒に写っている白ワインは今回のグラスワインの
Leflaive Bourgogne Blanc 2004(ルフレーヴ・ブルゴーニュ・ブラン)
\1980円

ブルゴーニュの白ワインでルフレーヴの右に出るものは居ないと言う人も居る白ワインです。

押しも押されぬ大スターとなり、「ピュリニーの至宝」「シャルドネの神様」などと称される
ドメーヌ・ルフレーヴ。ブルゴーニュファンに限らず、世界中のワインファンの誰もが憧れる
ワインとなっています。

ルフレーヴのブルゴーニュ・ブランはぜひ今のうちに飲んでおいて欲しいワインです。
というのは、このワインが造られている畑は、現在ルフレーヴによって村名格付けへの
昇格を申請されており、もし申請が通ればこのブルゴーニュ・ブランも村名ピュリニーに
なってしまい、そうなればお値段は倍以上になる可能性が非常に高いからです。

2004年はブルゴーニュではベト病が発生してワイン産業に大きな打撃を与えた年ですが、
ルフレーヴは大成功を収めました。

病気に倒されることなく健全に成熟したルフレーヴのシャルドネを見た近隣の生産者たちも
「さすがルフレーヴ」と称賛したほどだそうです。

酸が一本筋が通っているかのように大変しっかりとしており、ルフレーヴ本来が持つピュアな
酸味がより引き立ち、キリッと引き締まったルフレーヴらしいワインに仕上がってます。

香りは蜜が詰まった完熟リンゴやハニーナッツのような香りとともに、
若干の爽やかなハーブの香りを漂わせるブルゴーニュ・ブラン。
一口ワインを口に流せば一気に香りが広がり、ほとばしるような酸と上品な果実味が
舌を包み込みます。

色味はあでやかな黄金色でお月さまを連想されてくれます。
中秋の名月に雨雲に隠れてしまっているお月さまの替わりに、
こちらのワインで中秋の名月を楽しんで頂けたらとの思いで今回ご用意致しました。
隠れた月を思い浮かべながら、是非にお飲みになって頂きたいワインです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/65-e76a9e6c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。