スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試飲会

2009年11月28日 18:18

1125_1.jpg

1125_3.jpg

こんばんは山本です。
寒かったり温かだったたりで体調をくずしやすい毎日ですが
皆様お気を付け下さい。

そんな暑いくらいだった今週の水曜日に
大阪のリッツカールトンホテルで行われた
ユニオン主宰のグランクリュドボルドーの
試飲会に出席させていただきました。
ペサックレオニャンから始まりソーテルヌまで
約80シャトーの2006年が名を連ねておりました。
産地ごとの印象をすこし。

ペサックはバランスの整った端正なワインと
(ドシュバリエ オーバイィ ラリヴェオーブリオン パプクレマンなど)
果実実と樽を強めにきかせたワイン
(マラルティックラグラヴィエール スミスオーラフィット カルボニューなど)
の2タイプに分かれ

サンテミリオンはタンニンが非常に強いものが多かった中
アンジェリュスとフィジャックは熟成すると
アニス クローブとかのスパイス香を放つワインに
なりそうな予感がしました。

ポムロールはこってりさんが多く唯一の異色は
ラ コンセイヤント

メドックは足並みが揃いバランスにすぐれ
もう楽しめるワインが多く近づきやすい印象。
品位を伴うワインはやはりお値段も・・・
フェリエール マレスコサンテグジュペリ ダルマイヤック ピションラランド
ポワフェレ ラギューヌなど。

ソーテルヌはクリマンがよかった気が・・・
すみません。
このあたりで酔いがピークになり
筆跡も暗号の様で解読不能です。

こんな日の営業は不思議と長引くもので
当日もやっぱりでした。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kyoutomusee.blog34.fc2.com/tb.php/84-7b896b37
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。